2008年6月、ドバイに引っ越してきました。しばらくは夢の専業主婦生活です。


by yhell
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

香港:町歩き編

初の香港。というか、初・アジア圏の旅です。
前日に姉を誘ってみたけど、乗ってこなかった(当たり前)から、予定通り、ひとり。
早朝に家を出て、名古屋空港から香港へ、ポンと到着。
キャセイパシフィック航空、初めて乗りました。
噂に違わぬ良い会社ですね。また乗りたい。

さて、香港2泊3日。
正直、たいした観光はしませんでした。
とにかく、食べた。
出発前、「気を付けて」よりも「食べ過ぎないように」と、再三、家族から言われて、「うん」とテキトーな返事をしつつ、食べ過ぎる気は満々でしたから。

買物にも興味がなく、買ったのは半額以下で売っていた日本の化粧品とCDくらい。
3日たっぷり遊んで、食べて、交通費、ネイル代なんかも含め、1万5千円も使わなかった。
土産物や記念になりそうな物、まったく何も買いませんでした。
おすすめしてもらったペニンシュラのクルミとかも、一応ショップには行ってみて、ぐぐっと心惹かれたんですが、まだシドニーとバンコク行くしな〜って考えたら、荷物を増やす気持ちになれず、断念。

わざわざ香港まで行ったくせに、時間を持て余してネイルサロン行ってしまいました。
日本人のネイリストさんがいて、アートしてもらって、チップ込みで6千円くらい。
めちゃくちゃ安いってわけではないです。
自分がまさに旅行者のくせに、「旅行中って時間限られてる上に、荷物運んだりしてツメ傷付くのに、サロン行くって、意味わからない」と発言し、失笑を買いました。

b0142203_19421877.jpg
九龍のスターフェリー乗り場とバスターミナル。
天候はいまいち。
b0142203_19464992.jpg
ホテルから見た香港島の夜景。
なんとなく面倒くさくて、ビクトリアピークには行かず。
b0142203_200719.jpg
ネイザン通り。ジョートン駅付近。
ナイトマーケットをうろうろして、まんまと方向感覚を失い、迷子になりました。

b0142203_2053253.jpg
ヒルサイド・エスカレーターは、高校生の時にウォン・カーウァイ監督の『恋する惑星』を観て以来、頭の片隅にひっかかっていた場所。
いくら坂道だからって、道路にエスカレーターがあるって、ちょっと斬新だと思う。
NOHOからSOHOに向かって、乗ったり降りたりしながら、裏路地もじっくり散策しました。
b0142203_20102267.jpg
思わぬ場所(ビルの2階)に幼稚園が。
b0142203_2052463.jpg
かわいい看板たち発見。


食べる以外には、前述のようにナイトマーケットで迷子になったり、ネイルサロンに行ったほか、
・行き先不明のままトラムに乗っておもしろそうな場所で降りて散策
・SOHOのカフェで読書
・ヒルサイド・エスカレーター沿いのバーのハッピーアワーで安いビールを飲む
・ホテル近くのバーで安くないビールを飲みつつ友達を作る
・香港の若者達と即席日本語教室を開催
・朝の野菜市場を徘徊
・ワンチャイのマーケットを冷やかす
・HMVでひたすらCDを試聴
・蛇市場で蛇を眺める
・上海式ペディキュアとやらを体験

これくらいです。
あとは、各エリアで足の向くままフラフラ歩いて、たびたび迷子になってました。

西貢に行こうかと思ってたんだけど、怠け心が勝ってしまい、行かずじまい。
雨も降ったりやんだりだったしね。

特筆するとしたら、上海式ペディキュア。
えらく手の柔らかいおじいさんが、使い込まれた風のナイフを滑石皮で研ぎながら、器用に足のツメと足裏の角質を削ってくれます。
熟練のワザ、ってかんじでした。
「ペディキュア」とはいえ、カラーリングはなし。
結果、ツメの具合は特にどうってことにはならんけども、まあ話の種に・・。
[PR]
# by yhell | 2009-08-08 20:46 | 旅の記録

約10日間の放浪

約10日間、転々として、今朝、ドバイに戻りました。

旅は、夫君の大阪便に便乗したことから始まりました。
長年待ちわびた、「夫君の操縦で日本に帰る」というやつ。
これまで大阪便は予備クルー(?)としての乗務ばかり引き当てていたのですが、今回はやっとオペレーティングということで、満を持して、私もくっついて行きました。

到着翌日は、ちょうど天神祭で、しかも祭りの中心エリアにあるホテル宿泊。
帰りの便に備えて昼寝しなくてはならないクルー(夫君含む)には耳栓必須の悲劇的な状況ですが、私は楽しかった。
復路便でドバイに戻る夫君を見送り、私は日本に居残り。
実家に移動して、2泊だけ滞在。
夜に着いて、1日はゆっくり過ごし、その翌朝には香港へ発ちましたから、荷物をほどくことさえなく、祖父母にも会えず。
日本へは、近いうちに、また帰ります。

そして香港。日本から4時間のフライト。
b0142203_4415997.jpg
2泊しました。
しっかりガイドブックも(出発2日前に)買って、機内で予習。
しかし、やっぱり結果的にはあまり活用することもなく、足にまかせて歩き回りました。
靴擦れができた。

そこからシドニーへ。8時間半の夜行便。
b0142203_523764.jpg
同じ時間帯にバンコクから到着した夫君と、空港で合流。
彼は仕事ですから、クルーのバスに便乗してホテルへ。
夫君は翌日にクライストチャーチ往復便があり、シドニーは3泊4日。

夕方の便で、また8時間半かけて、今度はバンコクへ移動。
到着は午前1時過ぎ。ここは1泊だけです。
b0142203_531535.jpg
夫君は勉強&昼寝をするため、ランチだけ付き合ってもらい、あとはひとりでフラフラし、深夜の便でドバイへ戻りました。

それぞれ時差は少ないですが、移動が多くて、日時の感覚が麻痺しています。
今日は昼寝で1日を潰しました。

詳しい旅の報告は、また後日。
[PR]
# by yhell | 2009-08-08 05:27 | 旅の記録

香港の観光情報募集!

今週末、香港に行くことにしました。
2泊しかできないので、有意義に過ごすための宿泊エリア、おすすめがあったら教えてください!
ガイドブックを立ち読みして、九龍のチムシャオツォイあたりが無難かな?と思ったんですが、どうでしょう?

初香港です。たのしみ。
「ここは行っておきなさい」という見所や、「これを食べずして帰るな」という必須モノあります?

ちなみに一人旅です。
ひとりでも、飲茶は行きますよ。

香港エキスパートの皆様、よろしくお願いします。
[PR]
# by yhell | 2009-07-27 18:37 | ご挨拶程度

送別会@WAREHOUSE

ル・メリディアンのWAREHOUSEというバーでロニーの送別会をしました。
b0142203_0433344.jpg
不確かな情報ですが、22時半までハッピーアワーだとかで、フードもドリンクも50%オフでした。
たぶん火曜日だけだと思うけど。
さらに、ジャックダニエルのプロモーションか何か(それとも、これも火曜日スペシャルなのか?)で、女性だけJDを使ったカクテル1杯無料。
けっこう飲んだけど、会計は、かなり安く済みました。

b0142203_0493771.jpg
女性だけの集合写真を撮らされている男性陣。
みんなデジカメなのに、自分のカメラで撮ってほしいもんだから、キリがありません。
b0142203_052061.jpg
これが「撮影会」の成果。
こういう風に、あちこちから次々と写真を撮ると、結果的に、皆の視線が定まった写真が一枚もない、という現象が起こります。

ライブのジャズがあって、雰囲気もよかった。
主役が楽しんでくれたようで、なによりです。


☆お知らせ☆
今夜から、しばらく旅に出るので、更新が滞ります。ご了承ください。
[PR]
# by yhell | 2009-07-23 01:10 | こんなとこ行きました
一昨日、ハリー・ポッターを観てきました。
なんか残念な出来だったけど、考えてみたら、原作も残念だったから、仕方ないのかな。

ハリポタファンには怒られそうですが。
個人的な感想ですから流してください。
あれは、1〜3巻くらいまでは、純粋に良く出来たファンタジーだったと思う。
4、5巻では、ストーリーの展開に無理がでてきたけど、でも、それぞれ物語の一章としてなんとか完結できていた。
6巻ですよ。なんだこりゃ?と思ったのは。
完全に、つなぎ(なのにやたら長い)の1冊。
完結編の7巻も、「あ、そう」という展開&終わり方だった。
マーケティング成功してるから別にいいんだろうけど、全7巻を通して読んだら、物語としての完成度は低いと思います。
傑作と呼ばれる小説は、始めはつまらなくても、最後には引き込まれる。
ハリポタは逆です。最後の方、あからさまにネタ切れしてます。

とにかく、『ハリポタ6』は、「続き物だから仕方なく観る」というジャンルの映画です。
最近観た映画では、ピクサーの『UP』(邦題:『カールじいさんの空飛ぶ家』)がダントツに良かった。
大人目線で観るとホロッと泣けるし、子供目線では単純に楽しい。
すごくよく出来てます。日本は12月公開予定だそうです。

あと、ちょっと前だけど、意外にも『スタートレック』。
これは、日本公開はもう終了してますね。
スタートレックシリーズまったく知らないし、SFやアクション好きじゃないんですが、それでも問題なく楽しめて、何よりもストーリー展開や登場人物の感情描写が素晴らしいです。
こてこてSFなのに、SFを観た気がしなかった。珍しいタイプの映画。


話は変わりますが、この2週間、みっちりガールズトーク漬けです。

女の子ばかり4〜8人で毎日のように集まって、ランチ、ネイルサロン、わざわざドレスアップして家飲み、カフェで朝食、クラブ遊び、そして買物。
話題は常に、ロニーのダンナの悪口か、ファッションで、正直に言うと、うんざり。
集団行動が苦手な上に、女子力偏差値低めの私には、もう限界です。
雑誌を見ながら、「このマノロのサンダル超かわい〜!」「キャー!」ってな、会話ともリアクション芸ともつかぬやりとりが、延々と続くんですよ。
普段の私なら、サクッと帰るか、テーブルの隅に移動して読書を始めるところです。
ロニーのために頑張ってるけれども、気を抜くと眉間にシワがよる。
まあ、今は、「参加することに意味がある」って状況だから、あと1日、がんばります。

☆最近のウチごはん☆
b0142203_17322082.jpg
昨日の夕飯。煮込みハンバーグ。なぜか急に食べたくなった。
煮込みだからできる厚さです。
肉が安いのはありがたい。

b0142203_17402366.jpg
おやつはレモンバー。
夫君の好物です。ひさしぶりに作った。
結婚前には存在すら知らなかった物シリーズの一部。
むかしむかし、夫君が大好きだったアメリカのスタバのレモンバーをモデルに、甘さ控えめオリジナルレシピを製作しました。
私が作る料理はどれもこれも苦手なようだったから、彼の口に合うものを作れるようになりたくて、いろいろ努力していた頃の、涙ぐましい遺物です。

b0142203_17524793.jpg
羽根つき餃子。今日のひとりめし。
中身は、エビ、鶏、白菜、ニンジン、ねぎ、にんにく。
ビールが欲しいところだけど、あいにく在庫切れ。
かわりに、キンキンに冷やしたプロセッコにしました。意外と合いますよ。
[PR]
# by yhell | 2009-07-21 18:03 | こんなとこ行きました