2008年6月、ドバイに引っ越してきました。しばらくは夢の専業主婦生活です。


by yhell
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:なるほどねえ!!( 16 )

飛行機って大きいのね

私事ですが。(毎度のこと)
夫君が仕事先で(というかフライト中に)体調を崩して着陸と同時に病院に搬送される、という事件が発生。
「病院に運ばれた」という以外に情報がなく、どの病院にいるのかわからないし、携帯にも連絡が取れず、「とりあえずこちらからの連絡を待て」とだけ言われて、まるで為す術なく、数日、ひとり呆然と時間を持て余していました。

たまたま、今回のフライト先が先進国だったのは、不幸中の幸い。
2〜3日ずれてたら、ウガンダだった。
偏見かもしれないけど、心配の度合いが大きく変わります。

症状は落ち着いたらしく、明日には帰宅できそうだとのこと。
今さっき、やっと連絡がありました。

むやみにこんなことを書いて、ご心配をおかけしてしまったかもしれませんが、連絡も情報もないという状況が(私の)不安をかきたてただけで、本人の体調は、結局のところ、さして深刻な状況ではないようです。
ご心配なく。



☆本日の本題☆
写真を整理していて、こんなものみつけました。
この写真、すきです。
b0142203_5215742.jpg

これはなんでしょう?










b0142203_5241682.jpg
答えは、B777の、エンジン。
飛行機を間近で見上げる機会が滅多にないから、こういう写真を見ると、やっぱり大きいんだな〜って、新鮮に映ります。

b0142203_5311970.jpg
B777は、6輪タイヤ。


余談ですが、ちょっと前、こういう写真を撮ったパイロットが会社から処分を受けるという、ムチャな事件がありました。
乗客が搭乗した後でフライトの遅延(整備上の理由)が決まり、しばらくやることがなくなったパイロットが、下に降りて飛行機の写真を撮っていたのを、乗客が窓から見て、「写真なんか撮って遊んでる暇があったら、さっさと飛行機を飛ばせ」と、会社に苦情を寄せたのだそうです。
乗客の気持ちは理解できる。そしてそのパイロットも思慮に欠けると思う。
でも実際には、このパイロットが何をしてようと、遅延は遅延。
会社の立場としては、乗客には事情を説明した上で陳謝するしかないだろうし、パイロットも叱責を受けて然るべきかもしれない。
けど、叱責に留まらず、解雇してしまうってのは、なんかコワイやり方に思える。
法的に間違ったことはしていなくても、権力者のさじ加減がルールになる。
この国全体を象徴するような出来事です。

ちなみに、こういうこと英語で書くと、スクリーニングで引っかかって、強制的にブログ閉鎖されてしまいます。
「言論の自由がない」と批判するか、「そういう文化だから」と受け入れるかで、ここでの暮らしが苦になったり楽になったり、分かれるところ。



b0142203_651629.jpg
この写真も、好きな一枚。
飛行機のおなか。
いつの間にか、飛行機が生き物に見えるようになりました。


b0142203_683029.jpg
どうやら上の写真はフランクフルト空港で撮ったようです。

b0142203_17471589.jpg
ガラスの使い方が素敵。
フランクフルトのダウンタウンにできた、ショッピングセンターだそうです。
b0142203_17484963.jpg
写真一枚では、どういう構造だかいまいちよくわからないのですが。
b0142203_1755252.jpg
三枚立て続けに見ると、ああなるほど、と納得します。



最近、家の中と、PCの中を、同時進行で整理しているのですが、懐かしいものを掘り出すたびに、いろいろ思い出して、手が止まります。
ありがち。
過去の物を発掘することにより、忘れていた小さな出来事をホロッと思い起こして、それがどれだけ今の自分のベースになっているのか改めて考える、という作業が、必ずつきまといます。
普段、思い出すことって、良いことか悪いことの両極端だけど、本当は、その中間が一番多く時間を占めていたはずなんですよね。
何気ない日常は、記憶に残りにくい。

でも、思い出に浸っていると、いつまで経っても整理整頓が終わりません。
[PR]
by yhell | 2009-08-28 18:45 | なるほどねえ!!
ドバイの警察は、路上で交通違反の取締を(滅多に)しません。
スピード違反はすべてカメラで取り締まられているから、警察が車を追いかけて停車を促すことは、ほぼ無い。
カメラ通過時点の速度を、前のカメラからの距離で割って、その2点間の時速をチェックするシステム。
だからカメラの前だけ速度を落としても、意味がないわけです。
日本同様、スピード違反に引っかかるとフラッシュが光るから、警察のHPで自分のナンバープレートを検索し、オンラインで違反金を支払う(あるいはモールや郵便局の自動システムを使う)。

あなた違反しましたよ、というお知らせは送られてきませんから、自分でチェックしないと、いつまでも違反金未払いのまま。
そのまま免許の更新や車検を迎えたりすると、けっこう面倒くさいことになります。

スピード違反の他に、警察のHPを検索するきっかけになるのは、駐禁切符。
駐禁は、警察が地道に路上をチェックしています。
ドバイは、路駐も公共駐車場も、一律、チケット制です。
車を停めたらオレンジの自販機(?)に小銭を入れて、有効時間の記されたレシートを出し、それを車内の見える場所に置いておく。
時間内であれば、別の駐車場スペースに移動しても使えます。
そして当然、有効時間が過ぎていたら、違反切符を切られます。

これがね、実に厳しい。
先日、やられました。自分が悪いんだけど。
あ、チケットの時間が過ぎてる、と気付いて車に戻ったら、もう遅かった。
たった10分ですよ。あーあ。

つべこべ言っても仕方ないから、帰宅後にHPで検索しました。
すると、なぜか、検索結果、2件ヒット。

ひとつは、駐禁。2009年8月某日。罰金100AED。
そしてもうひとつ。「Lane discipline」2009年3月某日。罰金200AED。

身に覚えはない。
書かれている罪状の意味すら、わからない。
一体、何をやらかして、違反切符を切られたのか。

そう、ドバイ警察は、たまたま路上で何かを見かけたら、車のナンバーを控え、当人に通知することなく、勝手に違反切符を登録します。
当人は、自分が何かに違反したと、気付くチャンスはないのです。
呼び止められもしないから。

もちろん、警察がナンバーを見間違えたり、誤登録も、大いにあります。
ご近所さんは、フライトでドバイを離れていた日付に、意味不明な切符を切られており、抗議に行きました。
このような抗議には、大変な手間とヒマと忍耐力が必要。
自分の会社に勤務証明書を発行してもらったり、役所で長時間待たされたり、手続きに手続きを重ねたあげく、何らかの書類が足りないから最初からやりなおせと言われたり、理不尽に耐えて耐えて耐えてやっと勝ち取ることができます。
もしも、警察の非を証明できる完全なる証拠が100%揃っていれば、勝てる可能性はある、という程度。
下手したら1〜2ヶ月かかりますから、どっちにしても燃え尽きますよ。

私と夫君は、「Lane disciplineって一体なんだろう?してはいけない場所で車線変更したとか?Uターン禁止の場所でUターンした?身に覚えないけどなあ」と言いながら、一体なぜ罰金を払うのか理解しないまま、クレジットカードの番号を入力したのでした。

ちなみに罪状について警察に問い合わせても、当日のことで、かつ実際に切符を切った警官が誰かを判明できない限り、本当のことはわかりません。
もうひとつ言うとしたら、本当のことがわかったところで、別にいいことはない。

そんなわけで、ドバイで運転している皆様、たまには警察のHPで自分のナンバーを検索してみてください。
身に覚えのない切符を切られているかもしれません。


☆本日のおやつ☆
b0142203_19581663.jpg
最近お気に入りの簡単レシピ。ラム酒のタルトです。
アーモンドクリームに、ラム酒をたっぷり効かせて焼きます。

 ・室温に戻したバター100g
 ・グラニュー糖100g
 ・卵(Lサイズ)2個
 ・アーモンドパウダー100g
 ・コーンスターチ大さじ3
 ・ラム酒大さじ3〜4

上から順番に混ぜるだけ。
冷めたタルト台に流し、好みのフルーツを乗せて、170度で30分くらい焼きます。

今回は、ラム酒漬けクランベリーを混ぜ込み、缶詰の桃を乗せました。
ブラックチェリー、ラズベリー、杏、パイナップルも合うし、生地にシナモン混ぜてリンゴスライス乗せるのもいい。
焼き立ては、タルトさくさく、アーモンド生地が香ばしく、バニラアイスによく合います。
翌日には生地がしっとりしてラム酒の香りが引き立ちます。

お子さん仕様には、ラム酒の代わりにハチミツでいける気がします。やったことないけど。

うちの型はでかい(28センチ)から、完全にウチ用おやつですが、見栄えするので、もう少し小さい型を入手したら、手土産にも使えるかな。
上記の分量は、たまたま家に残ってた材料に合わせたもので、実はウチの型にはやや少ない。
20センチ型くらいが、ちょうど良いかもしれません。
入れる果物にもよります。
ま、適当に。
小さい型をお持ちの場合、半量でも作れます。簡単なのでお試しください。
[PR]
by yhell | 2009-08-19 20:29 | なるほどねえ!!

浮気は法律で裁かれます

妻の浮気を知った夫が怒り狂って警察に通報し、妻とその浮気相手が逮捕される、という事件が、先月ありました。
この夫妻は英国人。
数日前、裁判が行われ、ドバイではちょっと話題になっていたから、在住の方はご存知かもしれません。
参照記事はコチラ
裁判の結果、彼女と浮気相手(既婚者/同じく英国人)は、懲役二ヶ月の後、国外追放。

UAEはシャリア法(イスラム教義に基づいた法律)での法治国家ですから、国内の事件は、外国人であってもシャリア法によって裁かれます。
この場合は、つまり姦淫罪ってやつです。
浮気した結果が、手錠かけられて拘置所ですよ。
もっとも、UAEはこれでも緩い方なので、本来のシャリア法にあるような鞭打ち100回にならないだけ、マシかもしれません。

そして、裏話というほどでもありませんが、この通報した夫の方も、近くUAEを離れることになりそうです。
彼はEKのパイロットでして、この一件により、「指揮官としての資質に欠ける」と見なされ、解雇されてしまったから。
そりゃそうでしょうよ。
こういう感情的な判断を下す人間には、人命を担う仕事は向かない。
自分の子供の母親に当たるひとを、警察に通報するってのは・・。
氏名どころか、顔写真も、娘が二人いることまで、紙面に出ちゃってるし。
とはいえ、こんな理由で解雇されるって、欧米ではありえない事だけど。

こういう事件を聞くと、ああやっぱり異国なんだな、と思います。

例えば、独身女性が妊娠すると、外国人であっても逮捕されます。(懲役後に国外退去)
たしかEKの独身キャビンクルーの場合、妊娠を会社に相談すると、逮捕の前に即時解雇/自国送還、というシステムがあったはず。
解雇等は、一見、冷酷な印象だけど、結果的には個人を守るためのシステムなんだと思います。


そういえば、シャリア法に基づいた遺産相続について、去年ご近所さん達が大騒ぎしてました。
(以下5行は聞いた話で、真偽は確かではありません)
女性は、無職の場合、ドバイで個人の銀行口座を開くことができません。
ほとんどの専業主婦は、夫の口座に連名(ジョイントとも少し違う)が、せいぜい。
夫が死亡した場合、この口座は凍結され、妻が現金を引き出す手段がなくなります。
夫の遺産の相続権は、妻ではなく血縁の男性遺族にあるそうです。
息子がいなければ、夫の父、兄弟、祖父、伯父、叔父、従兄弟・・・と。

で、ご近所さん達は、こぞって弁護士を雇い、相続権を明記した遺書を作りました。
妻にまったく相続権がないって、信じ難い話ですが、弁護士も認めたそうで。
私も遺書作成を勧められたんだけど、いまいち必要な気がしない。
とりあえず、うかうか死んだりしないよう夫君に注意を促すに留めました。

なんにしても、女性の個人の権利は希薄です。
既婚であれば夫、独身であれば父親、独身駐在女性の場合は会社が、スポンサー。
例えば何かの契約に際しては、(例:免許取得や携帯電話の契約)スポンサーである夫や父の「許可証/同意書」が必要。


あと、よく話題になるのが、離婚。
男性側から離婚を望む場合は離婚を三回「唱える」だけで離婚成立するのに対し、女性側から申し立てる場合は、裁判を起こすことになります。
子供がいる外国人夫婦がUAEで離婚した場合、母親が子供を連れて自国に帰ることはできません。
子供がいない場合、夫が元妻に対して慰謝料や生活費を支払う義務はありません。


私は、そういう諸々の事にあまり憤りを感じないけれど(仕方ないよ、土地の風習だもの、と思う)、欧米出身者たちの「女性の権利」への熱はすさまじく、時々、激しいジェンダー論が交わされます。
そんな場で、できるだけ巻き込まれないように静かに身を潜める技や、大きな声で強引に話題を変える技を、この1年で会得しました。
[PR]
by yhell | 2009-06-05 05:17 | なるほどねえ!!
朝、ヨガに行って、帰宅したら、窓がキレイになっていました。

以前にも書きましたように、私の家は高層階にありまして、眺めはまあまあ良いのですが、残念なのは、ベランダがないことと、常に窓が汚いこと。
ベランダは、実際にあったら、砂が溜まったり、それなりに面倒かもしれないから、まあいい。
問題は窓です。
なんと1年に1回しか窓拭きをしてくれません。
58階建てのビルゆえに、かなり費用と時間がかかるらしく。
ビタ一文払わずに住んでるわけですから、どこまで文句を言えたもんか微妙ですけど、1ヶ月もしないうちに砂埃で汚れてしまうわけだし、せめて半年に1回でも掃除してくれたら大変うれしい。
b0142203_411532.jpg
窓がキレイになった記念に、外の景色を写してみました。
周辺の建設現場も、私が引っ越してきた時に比べ、着々と完成に近づいてます。
考えてみたら、このブログを始めてまもない頃に窓掃除があったことを記事にした記憶があるから、本当に約1年ぶりです。

★ここから下、お食事/おやつ中の方は読み飛ばしてください。



ぴかぴかの窓につられて、半日かけて大掃除をしました。
冷蔵庫の上やテレビの裏のホコリをとるとか、ソファーのレザーや木製の家具を研磨剤で磨くとか、そういう普段はやらない大掃除を、1〜2ヶ月に1回します。
昔から夫君に「掃除も適当だ」と言われ続けていますが、甚だ心外。

バスルームは昨日しっかり時間をかけて磨き上げたから、今日は除外。
ウチにはバスルームが3つあり、掃除は3倍です。
でも3つ目はほとんど使ってないから掃除もラク。

男性がトイレの便座を上げっぱなしにするしない、で揉めるのは定番だと思いますが、ウチでは、逆に夫君は便座どころかフタまで閉じないと気が済まない人でして(日本と違って保温機能など付いてないから節電目的ではない。マナーだそうです)、ここに住み始めて以来、完全に夫君と別のトイレを使い、思う存分フタ開けっ放しにしてます。

トイレネタついでに、こんな写真を撮ってみました。
b0142203_4561794.jpg
自宅のトイレ写真を掲載するなんて頭がおかしいと思われるかもしれませんが、非自宅のトイレ写真は、撮影すらややためらわれるので、ここはやはり、自宅のを。
うちは、各トイレの横に、これが付いてます。邪魔です。
リッチな国だとか散々豪語してるわけだから、日本みたいなシャワートイレにすればいいのに、やはりトイレ文化はそう簡単には変えられないのでしょうか。
ちなみに、UAE本来のトイレは和式に近い(角隠しがない)もので、地方に行くとそういう形式に出会う可能性があるそうです。
夫君いわく、あれは大変に自尊心を傷付けられるスタイルだそうです。

公共のトイレでは、これの代わりに、小型シャワーが壁にひっかけてあります。
シャワーヘッドの先にスイッチみたいなのがあるから、そこを押して水を出すのだろうと推察するも、実践には踏み切ってません。
☆写真追加☆
b0142203_1912016.jpg
やっぱり分かりにくいかなと思って、自宅バスルーム写真をもう一枚。
シャワーとは、こんな状態のものです。ちなみにシャワー下には排水溝が。
公共トイレの場合、大概、このシャワーが横に付いてます。
ウチは両方ついてるのです。
果たして使い道が違うのか?
私は知りません。ご存知の方は教えてください。

そんなもののおかげで、ドアを開けたら床も便座もびしょびしょ、という個室に遭遇して仄暗い気持ちにさせられることも多々。
そういうトイレ文化のせいなのか、小さいモールでも、トイレ内には掃除係のお姉さんが常駐している場合が多いです。
このまえ、お姉さんがモールのトイレの洗面台横で雑誌めくりながら弁当たべてるところに遭遇。
住んでるのか?完全にくつろいでました。
やや切ない光景。
やっぱり、日本からシャワートイレを輸入するべきだと思います。
[PR]
by yhell | 2009-05-21 05:43 | なるほどねえ!!
12月に入り、クリスマスカードや年賀状などの都合で住所を聞かれる機会が何度かありました。
実はドバイには【住所】という概念がありません。
したがって郵便物は自宅には届きません。
一般的に、郵便物は勤務先の私書箱で受け取る、もしくは、郵便局に私書箱を借ります。
b0142203_16453970.jpg
これが郵便局の私書箱です。普通です。

うちは自宅マンションに私書箱があり、これまで例外的に自宅で郵便物を受け取ることができていたのですが、先頃になって会社から自宅私書箱使用禁止令が出まして、泣く泣く会社の私書箱に切り替えました。
以来、郵便物チェックは全面的に夫君の仕事です。
問題点としては、彼の職業柄、私書箱(@会社/空港)をチェックする機会が月に3〜4回しかないことでしょうか・・・。

なぜ住所という概念がないかというと、もともとUAE国民のルーツは砂漠の民、ベドウィンと呼ばれる遊牧民族でして、つまり定住の習慣がなかったわけです。
定住しない。だから住所もない。・・・という説が濃厚。

だから、ここでタクシー乗る時なんかは、道が説明できないと苦労します。
日本も、カーナビがなかったら、似たようなものですけどね。
「ストリート名がないの?知らない場所にはどうやって辿り着くの?」と、アメリカ人には、しばしば驚かれます。

ものすごく不便なのは、店やレストランなどを住所から探せないこと。
検索しても私書箱の住所しか出てこないから。
店に電話して、訛りの強い英語と格闘しながら、道順を聞き出すしかない。
例えば、情報誌なんかを見ても、店の場所が「東京都港区」とか「名古屋市;国道一号線沿い」って書いてあるだけのような状態と思っていただければ。

とはいえ、急速に変化していくドバイ。
最近では、ハイウェイの行き先を示す標示に、アメリカと同じような東西南北が付加されました。
私が来た頃は、「アブダビ方面」「シャージャ方面」のようなアバウトな行き先標示だった。(これも日本と同じか・・)
いずれはストリート名が整備され、住所という概念が生まれるかもしれません。

郵便局といえば、これがUAEのポストです。
b0142203_17241222.jpg
使ったことないから何色が何用のポストなのか知りません。

そして、12月初旬、建国記念日やらいろいろあって祝日が続いていた時のこと。
b0142203_17274839.jpg
郵便局から発行された営業時間の案内を見て、かつ、郵便局のカスタマーセンターに電話して、この支局は今日は開いているはず、と確認してから出掛けた結果、手書きで「CLOSED」の張り紙が。
その横には、私達が見て確認したのと同じ、郵便局が発行した営業時間の案内。
b0142203_17282653.jpg
ボールペンで勝手に書き換えられています。
なんてカジュアルなんだ。

もう一度カスタマーセンターに電話して、空港にある24時間営業の支局なら年中無休だから絶対に開いてるはず、と確認し、しぶしぶ出掛けましたが、やはり勝手に閉まってました。
しかも年中無休だからシャッターなどなく、ただ単に電気が消えていて「3日間休む」となぐり書いたメモ用紙がセロテープで机上に貼ってあった。
ここはアラブだ、と実感しました。


【本日の余談】
b0142203_17392874.jpg
サンクスギビングからクリスマスにかけて、このような冷凍ターキーが売られています。
おもしろいのは「このターキーはイスラムの作法に従い鋭利な刃物を使って屠殺されています」とわざわざ表記してあること。
イスラム教では食事についてもいろいろ制約があります。
食肉に関しては、イスラムの律法に基づいた方法で屠殺された肉だけ食用として認められます。
屠殺方法は、動物を地面に横たえ(トリなど小さな動物は手に持って)食道、気管、首の血管を鋭利な刃物で切断し、 動物の頭部を切り離さないこと。屠殺時には、アッラーへの祈りの言葉を唱えること。
くわしくはこちら
敬虔なムスリムにとっては大事なことなんでしょう。
実際には、ムスリムでも、そこまでこだわるかどうかは、個人の信仰の深さ次第だそうですが。
私から見たら、そんなこと書いてあると生々しくて、なんか余計な罪悪感を感じます。
[PR]
by yhell | 2008-12-23 17:57 | なるほどねえ!!
昨日はサンクスギビング(感謝祭)でした。
あまりドバイには関係ないけど。

サンクスギビングはアメリカの祝日なんですが、クリスマスに準ずるくらいのビッグイベントで、日本で言うところのお盆みたいな位置付けでしょうか。
基本的に家族/親族が集まって賑やかに食事をするため、ほとんどの人が帰省します。

ウチの隣の部屋に住むブライアン(米人)がサンクスギビングディナーに招待してくれたので、私は自家製ゴマドレッシングのハーブサラダと巨大プリン、夫君(やっと帰ってきた)のドイツ土産のリースリングを持参して乗り込みました。
ブライアンのママはアブダビに住んでいるそうで、泊まり込みでターキーの仕込みに来ていたそうです。

典型的なサンクスギビングディナーのメニューでした。

  ローストターキー(12キロの特大サイズでした)
  スタッフィング(本来はターキーのおなかにパンや野菜をスパイスで調味したものを
   詰めるのだけど、それだけだと少量だから、別に作ることが多い)
  グレービーソース(本来はターキーの肉汁で作るけど、缶詰など使うことが多い)
  マッシュポテト
  クランベリーソース(一般的には缶詰が多い)
  ヤム芋(水っぽいさつまいものような芋のロースト)
  グリーンビーンズ(いんげん?を蒸してバター)
  野菜のロースト
  パンプキンパイ(ブライアンお手製)

ブライアンの奥さんはチェコ人だからサンクスギビングはよくわからないらしい。
私もターキー焼いたことない(夫君、ターキーなどの丸焼きブツは食べないし)。
最初は「皆が座って食べられるように、アメリカ人家族だけ招待しようかな」と言ってたけど、結局は立食になり、いろんな国籍がごちゃまぜの、賑やかなパーティーでした。

既婚カップル6組と、独身男6名(パイロット4、歯科医1、眼科医1)という、独身女子が食いつきそうなメンバー。

その独身組から「日本人の女の子、紹介してよ」と言われ、
「なんで日本人がいいの?」と聞くと、
「日本人ってシャイで控えめで"good wife"なイメージだし、小さくてかわいいから」
「ボリス、これだけ私を見てても、まだそんなイメージ抱えてるの?」
「・・・ユカは、ほら、ちょっと、例外じゃん?たぶん?」
「そんなわけないでしょ。ユメみないほうがいいよ」
「いやだ。俺はユカが典型的な日本人だとは信じない。イメージ壊すな」
「そうやって現実直視しないから、再婚できないんじゃないの」
「俺の中の、ザ・ジャパニーズガールは、絶対にそんな言い方はしない」

☆紹介されたい、という、ザ・ジャパニーズガールの皆様、連絡ください☆
42歳、ハゲ、太め、出っ歯、イタリア人、バツイチ、パイロットです。
かなり下品だけど、おもしろいから私はけっこう好きです。
結婚を前提にお付き合い、あるいは、まったく後腐れない関係を望んでいるそうです。

ここで奥方軍団が入ってきて、「良妻とは」という話になり、
「いま、"良妻キャンペーン"中で、夫君が仕事に出掛ける時は4時でも一緒に起きてコーヒーを入れる」と私が言うと、全員が、「まじで???」というリアクション。
 夫が早朝に出掛ける場合、全員「起きない」。
 夫が深夜に帰ってくる場合、全員「先に寝てる」。
まあ、私も以前はそうだったんだけど。
 夫の在宅時、家事は「もちろん分担」。
「Oh, man... cabin crew must hate you guys!!」と独身組が言っていました。
確かに。

深夜/早朝ピックアップのスケジュールのhubbies(ウチの夫君含む)は、22時頃に引き上げましたが、wives(私を含む)は残って飲んでました。
2時まで飲んで帰宅(5歩で自宅到着)し、4時半に起きて、夫君を起こしました。
6時に夫君を送り出し、二度寝。
午後、友達とカフェで遅めのランチで、暗くなるまで喋ってました。
なまぬるい生活です。
[PR]
by yhell | 2008-11-29 05:10 | なるほどねえ!!

レーシック結果報告

このブログはドバイ関係の話題に限定して書くことにしようと考えてるんですが、レーシックについては結果報告すると告知してますので、例外で、書いちゃいます。

11月11日、『品川近視クリニック』名古屋院で、レーシック手術を受けました。
業界最大手で、症例数が多いこと、最新機器が揃っていること、アフターケアが充実していること、明朗会計、メールと電話で実際に問い合わせたときのスタッフの対応、などが、選択の理由。

予約時間に受付を済ませた後、事前検査と同様の、詳細な視力検査など何点か検査を繰り返し、目の状態を念入りに再確認し、ドクターの診察を受けます。
ここまで、約1時間。

手術は2段階に別れており、流れ作業のように、手際良く、20分弱で済みました。

1・点眼麻酔を打つ。
レーザーを使って角膜の表面にフラップ(フタのようなもの)を形成する。

2・別室に移って、フラップをめくり、その下にある角膜実質層に別種のレーザーを照射して屈折力を正常化させる。
これが、適応検査の結果を元に、焦点が網膜で統合するよう視力矯正する作業。
フラップを元に戻して、点眼薬を落とし、終了。

20〜30分くらい休憩してから、ドクターの診察を受け、異常がないことを確認した後、看護士から薬の説明を聞いて、帰宅。

受付から帰宅まで、全部で2時間弱。

当日は、しばらく目が開けにくかったり、視界がぼやけたり、ゴロゴロするような不快感があったり。
まあ、角膜を焼いてるんだから、それくらい当然でしょう。
1時間おきに、3種の点眼薬を入れます。
PCダメ、読書ダメ、テレビも当然ダメ、とにかく目を使うな、しかし術後4時間は寝るな、という指示。

やることがないので、ポッドキャストでラジオ聴くくらいしか出来ない。
ヒマを持て余して仕方ないから、術後4時間以上が経過したのを確認してから、早めに就寝することに。
洗顔は不可なので、蒸しタオルで顔を拭き、写真の眼帯をサージカルテープで直接顔にガツッと貼り付けて、寝ます。(ちなみにメガネは『保護用サングラス』。私は自前のサングラス使ってますが)
b0142203_2028862.jpg

しかしワタクシ、極度のサイドスリーパーでして、仰向けに寝られず、眠気はあるのに、なかなか眠れない。
めちゃ睡眠不足で、翌朝ばっちりクマ出来てました。

が、クマは出来ても、視界はスッキリ。
前日の不快感もなく、痛みもなく、目覚まし時計どころか、レースカーテンの模様までハッキリ見える。
コンタクトを外し忘れたのか?と思うような見え方。

「翌日検診」では、異常なし、薬の追加も必要なし、視力は両目とも1.5と診断されました。私の場合、今後3ヶ月の間に視力が落ちる可能性もありますが、その場合、再手術は無料。

今日は術後2日目。
眼帯で寝るのがしんどいくらいで、視力は万全、快適です。
右目は軽い内出血で白目が赤くなってますが、2週間程度で治るとのこと。

手術そのものの実体験は、「怖くないし痛くもない。むしろ楽しい」が私の感想ですが、手術内容の詳細を母と姉に話したら、「そんなことブログに書くのはおよしなさい」と言われたので、ここに書くのはやめときます。

費用は、ネット割、平日割、が適用されて17万8000円でした。
もしも「レーシック受けたい」という方は、1万5000円の紹介割引クーポンがありますので連絡ください。
ただし、枚数に限りがあるので、本当に受けるつもりのある方に差し上げます。
[PR]
by yhell | 2008-11-14 00:19 | なるほどねえ!!
ヒューストンに寄るってことで、友達に連絡したり、連絡し忘れたり、ハリケーン後に連絡がつきにくくなったり、結局、しっかりした予定が立ってません。

ドバイを出る前に、トム&ジーニー夫妻に電話をしました。
今回は残念ながら会えないことになったのですが、夫君にとっては家族のような存在で、ヒューストン在住時は本当にお世話になりました。
簡単に言うと、貧乏だった時代に、よくゴハンを食べさせてくれた。
底抜けに明るい夫婦で、友達を招いてワイワイ食事をするのが大好きなので、「カニがあるから来い」とか「豚の丸焼き(←ウソ)するから来い」とか、よく呼んでもらってました。
私の家族が日本から遊びに来た時にも「ぜひ招待したい!」と迎えてくれたし、私にとっても夫君にとっても、「ヒューストンのお父さんとお母さん」です。

トムはSWAのパイロットで、夫君がSWAでゲートエージェントとして働いていたときに知り合い、「パイロットになってSWAに戻ってこい」と、キャリアチェンジの背中を押してくれたひとり。

彼はいまチーフパイロットで、自家用セスナとツインコマンチを所有してるだけでなく、キャンピングカー、ハーレー3台、車4台、ベスパ1台と、Kingwoodというヒューストン郊外の高級住宅地に、森レベル規模の裏庭がある豪邸を持っている人です。

それが、数日前に電話で話すと、別人のように暗い声。
「どうしたの?」と聞くと、長く深いためいきの後、恐ろしい話。

「来年には退職するつもりだったのに、そうもいかなくなった・・・」

彼は退職金に相当するものを株や債券など投資に回していました。
(会社/個人の選択によりますが、日本とは退職金のシステムが違います)
加えて、個人で投資していた老後資金。
この株価暴落の影響で、口座の数字が秒単位でするする変化していくのだそうです。
1週間前の某日には、たった1日で、なんと25万ドルの損失。

「この1ヶ月で、150万ドルが消えた」と言うトム。
そんなに失うお金があるってことに、まずびっくりしている凡人のワタクシ。
(単純に1ドル=100円で換算すると、1億5000万円ですよ?)

消えたと言っても口座上のものだから、いつか景気回復すれば数字も上がる、とは、一応、言ってみるものの、気休めでしかありません。
実際には、残ってるお金だけでも十分な老後を過ごせるんだと思うけど、そりゃ「まだ引退できない」って気持ちになるのもわかります。

それにしても、今回は、たまたま都合が付かなくて、返って良かったかもしれない。
落ち込んでるトムなんて見たことないから、どう対応したらいいかわからない。

夫君もアメリカに口座は持ってますが、トムと違って極々わずかな額なので、損失はあるけど大したことはありません。
老後の資金なんて、どうせあと30年は触らないし、それまでに景気回復するのを願います。
回復した後、また暴落するかもね。
夫君、タイミング悪い人だから、心配だな。
[PR]
by yhell | 2008-10-10 22:19 | なるほどねえ!!

おかねのはなし

持て余すほど時間があったので、「いっちょ迷子にでもなってみるか!」と、ちょっとした好奇心で、未踏の地をさまよってきました。
迷わないと新しい道は覚えられませんから。

迷う気満々で、お腹いっぱいごはんを食べてから、地図と水とCD5枚を持って、ガソリンを満タンにし、空港を目指します。
空港に用はないんだけど、一応ゴールを設定したほうが迷い甲斐がある。

しかし、20分後、あっさり空港に到着。
フクザツに見えたのに、自分で運転してみたら意外と簡単な道だった。

このまま家に帰っては、ただ有料道路の料金を払っただけで一日が終わってしまう。
往復で600円程度なんですが、なんか悔しいので、モールに寄ってゲストルーム用のカーテン生地を買い求め、無理やり納得して帰宅しました。

ドバイではハイウェイの有料道路化が進んでいて、ETC(みたいなもの)の搭載が義務付けられています。
料金所というのはなく、ビューンと走っているときに課金ゲートのあるポイントを通過すると、勝手にチャージされていくシステムです。
残念ながら、私の家は課金ゲートを通らないとどこにも行けない場所にありまして、外出するたびに、最低でも往復240円かかるわけです。
どうにかならんものか、と、ご近所さんたち全員で思案してますが、今のところ裏道も一切なく、どうにもならない様子です。

今はそれほど多くないのですが、課金ゲートはこれからどんどん増えていくと思われ、値上げも予想されます。
しかし、ドバイは消費税もないし、私たち外国人はUAEには税金を納めなくてよいので、これくらいは仕方ないんじゃないの、と私は密かに思ってます。

サイフの中を見たらたまたま全種類そろっていた、UAEの紙幣。
b0142203_505480.jpg
額の大きい紙幣の方が、お札のサイズも大きいです。
一番大きいのは1000ディルハム(約29000円)。
一番小さいのは5ディルハム(約145円)
硬貨は、1ディルハム、1、5、10、25、50フィル、とあるはずなんですが、私は1フィルとやらをまだ見たことがありません。(1ディルハム=100フィル)

そもそも、1フィルが必要な場面に遭遇したことがないかも。
日本みたいに、999円、のような値段の付け方は滅多にないし。
そして、買い物すると、お釣りはあまりきっちり返ってきません。
例えば、会計が26ディルハム30フィルの場合。
 ・31ディルハム渡す→5ディルハムのお釣り(30フィル多い)
 ・27ディルハム渡す→50フィルのお釣り(20フィル少ない)/またはお釣りなし
こんなかんじ。
最初はびっくりしたんだけど、「まあいいや」と思うようになりました。
いまだに通貨に慣れていないのか、金銭感覚が鈍くなってるのかもしれません。
[PR]
by yhell | 2008-09-12 07:02 | なるほどねえ!!

ラマダンについて

9月1日からラマダンが始まりました。
(イスラム圏在住者のブログは、こぞって同じネタ書いてると思われます・・)

「ラマダン」とは、ヒジュラ暦の第9月のことで、毎年少しずつ季節がずれていきます。昨年10月にドバイに来た時、ラマダンの最中でした。
来年から、しばらく真夏のラマダンが続くことになります。
今年はちょうど9月。
しかも1日から始まっていますが、これは偶然だそうです。
長老たちが新月を目視で確認し、ラマダンを宣言した瞬間がラマダンの始まりの日と言われ、約28日間、次の新月が来るまで続きます。
だから、一応「この日くらいからだろう」と予報はできるんだけど、曇ってたりすると、ずれるのだとか・・。

とはいえ、(夫君の観察によると)新月は8月31日に確認できたらしいです。
で、「今年のラマダンは9月1日から!」って宣言が、前日に公示されてた。
まあ、みんな、いろいろ準備もあるし、そんなもんですよね。

ところで、ラマダンというと、「断食」しか、私は知りませんでした。
そして日没後は盛大にわいわい飲食するのかと思ってた。
でも、本来は、ラマダンというのは静かに敬虔に過ごすべき期間で、宴会のように派手に飲み食いというのは(家族にもよるけど)あまりないのだとか。
人が集まっても、大声で話したり、爆笑や、盛り上がって騒ぐのは、しないとのこと。
しかし気合い入れて一日分を食いだめするから太る人が増えるのは事実だそうです。

何をするのかというと、日の出から日没まで、禁欲するわけです。
食べない、飲まない、異性に接触しない、嗜好品を断つ。
そして、お祈りする。
お祈りが一番のメインだそうです。
普段は一日5回のお祈りの時間が、長くなる。
太陽の上がっていない時間に、一日分の食事を取り、いつもより長いお祈りをするので、必然的に、睡眠時間が非常に短くなる。
肉体と精神を切り離すことで精神を鍛えるんだそうです。

最近、ムスリムの知り合いが何人かできたので、直接そういう話をきくと、非ムスリムから聞く「ラマダンとは」っていうのとは少しギャップがあるんだな〜と、実感します。
b0142203_12471749.jpg
ラマダン中、このジュメイラモスクの中を見学可能な時間が設けられるそうです。
(普段は、非ムスリムはモスクの中には入れません)
女性も入れるのか問い合わせてみて、可能なら今度行ってみます。

非ムスリムは、もちろん断食する必要はないわけです。
が、公の場で飲食(ガム、タバコも)しないこと、肌を露出した服装を控えること、など、いろいろルールはあります。公共の場での音楽演奏/鑑賞もだめ。
場合によっては警察に逮捕されることもある、と聞いて、「どの程度で逮捕?」とムスリムの知り合いに質問しました。
「ちょっと水を飲むくらいなら大丈夫。堂々とモノを食べながら歩いてたら注意を受ける。逮捕されるのは、公共の場でキスをしてたり、あきらかに不適切な服装の場合」との回答。
なるほど。

街中の飲食店は日没1時間前に開店し、ランチはクローズ。
ファーストフード店や、モールのフードコート、スタバ等カフェも、明るいうちは閉まってます。
ほとんどのバーは休業、開店しているバーは音楽なし。
非ムスリムや旅行者のためにランチ営業しているのは、ホテル/モール内の一部のレストランのみで、中が見えないように、黒い幕できっちり覆われています。
ラマダン中、昼間のモールは非常に静かだし、イスラム圏のビジネスは格段にスローになるそうです。
ほとんどの会社は遅く始業して早く終業、店の昼休みは長くなります。
(その代わり、店は深夜まで営業)

私は最近またホットヨガに通っています。
水を飲まずには無理だし、しかしチケットの期限もあるし、ってことで、電話で聞いてみたら、スタジオ内は一応「プライベートな場」と判断され、外からも見えないスタジオだから、「水はOK」だそうで、通常営業。
しかし、行ってみると、やはりラマダンのせいか、いつもの半分くらいしか人がいませんでした。
人が少ない方がスペースがあっていい。

今日も、今から「朝ヨガ」行きます。
また4時起きなのですよ。
夫君の仕事は半年に1回テストがありまして、今朝6時からテストだからって、早起きしたわけです。
彼はここ1週間、受験生のようにピリピリムードで勉強してました。
今の会社、テストの合否が非常に厳しいそうで・・夫君の同期君たちも、必死で勉強してるらしい。
この前入社してトレーニング終わったばかりと思ったら、もう定期テスト。
無事に合格して帰ってきてほしいです。
私は、慰め/気休め/ねぎらい/同情などのボキャブラリーが、非常に乏しいから。
[PR]
by yhell | 2008-09-04 12:53 | なるほどねえ!!