2008年6月、ドバイに引っ越してきました。しばらくは夢の専業主婦生活です。


by yhell
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ご挨拶程度( 26 )

ブログ移転のお知らせ

こちらのブログ、8月末をもってクローズしたのですが、引き続き、もうしばらくドバイに住むことになりました。

ヒマなのでブログ再開しようと思います。
ここで再開しても良いのだけど、クローズ宣言しちゃってるし、気分を変えたいし、で、アメブロへ移転しました。

今後は『へるまんドバイ日記』をよろしくお願いします。
しかしながら、おそらく、このブログ以上に、「ドバイに関係ないじゃん?」という内容になっていくことが予想されますので、あしからず。

こちらのブログはこのまま残しますが、コメント欄は閉鎖してます。
メッセージ等は、アメブロにいただけると嬉しいです!
[PR]
by yhell | 2010-01-16 20:47 | ご挨拶程度

クローズのお知らせ

へるまんのブログに遊びに来てくださった皆様へ


やむを得ない事情により、先日、緊急帰国&日本長期滞在が決まりました。
急を要する用件のため、すでに日本に帰国しています。
ドバイへ戻る時期は見通しが立たず、しばらく更新が難しいので、当ブログは閉鎖することにしました。

ドバイのネタ、まだいくつかストックがあって、本当は出し切ってからクローズしたかったのですが、体力と時間が圧倒的に不足しており、不本意ながら、それらはゴッソリお蔵入りです。
とはいえ、どっちにしてもストックはみみっちいネタばかりなので、気にしないでください。

リピ訪問してくださっていた皆様、いままでありがとうございました!
b0142203_1940269.jpg

[PR]
by yhell | 2009-09-02 19:40 | ご挨拶程度

香港の観光情報募集!

今週末、香港に行くことにしました。
2泊しかできないので、有意義に過ごすための宿泊エリア、おすすめがあったら教えてください!
ガイドブックを立ち読みして、九龍のチムシャオツォイあたりが無難かな?と思ったんですが、どうでしょう?

初香港です。たのしみ。
「ここは行っておきなさい」という見所や、「これを食べずして帰るな」という必須モノあります?

ちなみに一人旅です。
ひとりでも、飲茶は行きますよ。

香港エキスパートの皆様、よろしくお願いします。
[PR]
by yhell | 2009-07-27 18:37 | ご挨拶程度

駐車場事情:ごたごた

ドバイのモール駐車場は無料です。
しかし、着々と有料化への準備は進めています。
b0142203_683699.jpg
写真はマリーナモールですが、ドバイモール、MOEも、同じような駐車券システムを導入し、準備万端な状態。
バージュマンセンターに至っては、すでに有料化してますしね。
日本で生まれ育った身としては、デパートの駐車場が有料なのは当たり前、と思うはずなんですが、なぜか納得いかない。
車社会だし、タクシーか車でしか行けないのに、駐車場が有料っていうのはね。
もしかしたら、メトロの開通に合わせて一斉に有料化なのかな、と予想しています。


ひさしぶりの更新なのに、生ぬるい内容で申し訳ない。

言い訳1:最近、カメラを持ち歩いてないんです

言い訳2:生活が単調なんです

言い訳3:ドバイネタに限界が・・・



本音:忙しかった


なぜか、本音が、一番、言い訳っぽい。


明日は、向かいに住んでいたロニーの送別会です。
8年一緒に暮らした相方に浮気され、しかも「最初から結婚するべきじゃなかった。幸せだと思ったことはない」と言われ、一方的に離婚を申し渡され、あげく、勝手にビザをキャンセルされて、追い出されるようにドバイを離れることになってしまいました。
とても辛いだろうし、悔しいのもわかるし、混乱してると思うし、話を聞くだけしかできない私も、すごく悲しい。

☆後日記☆
これを書いた2〜3日後に、「モール駐車場の有料化」が正式発表されました。
予想通り、メトロが開通する9月9日の翌日(つまり10日)から有料化だそうです。
[PR]
by yhell | 2009-07-21 06:50 | ご挨拶程度

事のその後の報告

その1:風船

かのマイケル・ジャクソンの急逝と時を同じくして、我が家にも悲しい出来事が。
b0142203_021331.jpg
誕生日バルーンです。
2ヶ月1週間の命でした。
風船にしては、大往生。
昨夜まで、フワフワ浮いていたのです。
2ヶ月以上もリビングに放置してあって、途中でシワ取り手術も施したし、愛着がわきつつあったので、そこそこ別れが惜しまれます。
亡骸の処理は夫君に任せることに。
さようなら。


その2:写真

つい先日の夫君の空撮が、『AIRLINERS.NET』に掲載されました。
写真への直接リンクはこちらから
私が載せたのよりも、鮮明に見えます。
4つのエンジンと、もう1ヶ所、真ん中に、わずかな飛行機雲が見えるはずです。
これは、この瞬間に誰かがトイレを使っていた(あるいはファーストクラスで例のシャワーを使用中だった)という事だそうですよ。

『AIRLINERS.NET』は、その道では有名サイトらしいです。(夫君談)
良いものが撮れた時には投稿しているみたいで、彼の写真は100枚近くあるかと思います。
世界各国のヒコーキ野郎共から好評価を得て、本人は大層気を良くしております。



その3:体調

皆様、ご心配おかけして、すみませんでした。おかげさまで全快しました。

と、言いたいのだけど、まだまだ、思いっきり咳こんでいます。
処方薬を飲んでいても、まったく症状が緩和しません。
一時的にすら変化しない。
薬を飲んだら治るとは思わないけれど、解熱剤で熱が下がるとか、咳止めシロップで咳が(一時的に)止まるとか、少しは楽になるとか、それくらいは期待します。
いずれも、まったくなし!

薬が合ってないんじゃ?と疑い始めたところへ、夫君が帰宅。
「今日の機長が、ほぼ同じ症状だった。でも、ウイルスだって診断されたらしいよ」

ウイルス。
それは・・・まさか誤診の可能性ですか?
すでに気持ちはパジャマでカーディガン羽織ってたのに?
診察代と処方箋(2万円くらい)自腹の気配もある上に?

自腹というのはですね、実は、この前の診療は、時間外診察だったのです。
(夕方から嘔吐がひどく脱水症状気味で、夫君に担ぎ込まれたため)
時間外や救急っていうのは、保険が効かない可能性があるわけですよ。
(注:保険の種類によります。これはウチの場合です)

いくら具合悪いと本人が思っても、医師の診断の結果で「急を要する症状ではなかった」っていうのが明白な場合、保険会社は支払いを拒否するケースがあります。
今回は、その、イヤ〜な予感がしているわけです。
なにしろ病院に着いた時点では、脱水症状からケロッと回復して、咳だけだったから。
もしも自腹の上に誤診だとしたら、完全に無駄銭のようで、やや悔しい・・。

あーあ。
でも、誤診の可能性があり、処方薬も効かないし、回復の兆しが見えない以上、仕方がない。
つべこべ言わず、明日、もう一度クリニックに行って参ります。
[PR]
by yhell | 2009-06-27 02:32 | ご挨拶程度
このブログ読者の一部に、ヒコーキ好きな方が(多分)数名いらっしゃいます。
今回は、その方々のために。
夫君が先日撮ってきた空撮写真をお楽しみください。

元々がセミプロの航空写真家(副業)ですから、コレクションと自作品を合わせると膨大な量ですが、その中でも「生涯ベスト3に入る傑作!」と大喜びしてます。
データが大きくて、ブログ用に小さくすると、迫力は半減しますが、仕方ないですね。

b0142203_3334450.jpg
夫君が勤務中にコックピットから撮った写真です。
トロントからドバイへ向かうA380機。トルコ上空にて、たまたま遭遇。
b0142203_3352080.jpg
ちょこっとまわりこみ、反対側の写真を。
b0142203_3383237.jpg
こんな偶然は滅多にない、ラッキーな空撮だそうです。

10分弱の間で、撮影枚数は250枚を超えたとか・・・。
大興奮で、当のA380機にラジオ連絡。
着陸後、A380パイロット達と空港で会って、写真データをあげたそうです。
b0142203_3464287.jpg
そのA380クルーが携帯の写メで撮った、夫君乗務中のB777。

こちらはグリーンランド。
b0142203_4122013.jpg

滅多に晴れ間がないSondrestrom Fjord上空にて。空港が見えますか?
b0142203_413178.jpg


ドバイネタがないので、夫君提供の写真に頼ってみました。
[PR]
by yhell | 2009-06-21 04:17 | ご挨拶程度

週末の予定

最近、夫君は忙しく仕事をしています。
それも不況のあおりでして、月給が変わらない代わりに、労働時間が増えた。
ま、それでもアメリカにいた時よりは俄然のんびりしたスケジュールだから、別に大騒ぎするほどのことじゃないと私は思うけど。

そんなわけで、以前よりも連休が貴重に思えるようになりました。
「せっかく今週末は4連休あるから、どっか行こうか」と提案したのが、昨日の午後。
会社の時刻表(路線図付き)を持って、ビーチで会議。

候補地:(ドバイから直行便のある場所)
ウィーン、ニース、ベネチア、アテネ、ヨルダン、カイロ
マルタ、セイシェル、モルディブ、モーリシャス、キプロス
シドニー、ソウル、香港、ナイロビ

夫君の一押しはシドニーでした。
オーストラリアは行ったことないし、私もシドニーには会いたい友人がいるし、行きたい。
でも、シドニーに行く場合、片道14時間の2泊で、実質的に遊べるのは1日半。
そんなスケジュールでは、せっかく行っても友人に会う時間もない。
却下。

フライトスケジュールや、気候、予算など考えて、候補地を半分に絞ってから、各フライトの予約状況を検索。
空席の余裕がある路線だけを抽出したら、最終的には、ウィーンかベネチアに。
そこから両都市のホテルの相場や、2〜3日の滞在でできそうなこと、交通手段などの情報をざくっと調べて、検討した結果、行き先はベネチアに決定。
直前なので、良さそうな立地のホテルも60〜70%オフで予約できました。
午後の「どっか行こう」から始まり、寝る前にホテル予約まで。

今日はネットで情報収集しているのです。
しかしながら、ベネチアは、【ベネチア、ヴェネチア、ベネツィア、ヴェネツィア、ベニス、ヴェニス】と、日本語表記がバラバラでして、情報収集は難航しています。
(英語ではVenice、イタリア語でVenezia)
日記って普通は事後報告だから、「旅行に行きます」って言われても特にコメントできないでしょうけど、情報あつまったらいいかな、と思って。
ベネチア行ったことある方、何か教えてください。できれば木曜までに。


★本日の余談★
数日前、夫君は仕事でスリランカに滞在していました。
首都コロンボは、北部の内戦地からは遠く、爆撃などの影響はありませんが、明け方に妙な夢をみて寝汗をかき、気がかりだったので、昼頃、彼の携帯に連絡しました。

夫君:「もしもし」
へる:「ねえ、危ない場所には行ってないよね?」
夫君:「危ない場所?行ってない」(周りが騒がしい)
へる:「ならいいけど。何やってるの?」
夫君:「いま?象に乗ってるところだよ!」

象の背中で電話に出たようです。脱力。

仕事の滞在地には、わずかながら、危険な都市もあり、場所によってはホテルから一歩も外に出られません。ラゴス(ナイジェリア)とか。
私は夫君に関してあまりそういうことを心配しない(自分で判断するだろうと思う)し、コロンボは別に危険ではないのですが、状勢上、無意識に気にしてたのかもしれません。
昨日、LTTE指導者が殺害されたというニュースをラジオで聞いて、内戦終結の兆しに少し安堵しました。
夫君は、なぜか(一度も希望してないのに)コロンボ便にしょっちゅう当たるから。
[PR]
by yhell | 2009-05-19 22:54 | ご挨拶程度

ドバイに戻りました。

前回の更新から一ヶ月も経ってしまいました。
1月後半は姉がドバイに来ていて、そのまま姉と一緒に帰国していたのです。

今朝、やっとドバイに戻って参りました。
午前6時に到着、気温は21°でした。
昼間はもう少し気温が上がることを考えると・・ドバイはもう初夏のようです。
この不景気のため、建設は少しスローダウンしてますが、それでも建設中の建物を放ったらかすなんてことは(一部の日本のメディアはいい加減な報道してるみたいだけど)ありません。
私の留守中ちゃくちゃくと工事は進んだようで、メトロの駅は完成に近づき、うちの窓からはとうとうバージュ・アル・アラブが見えなくなりました。
視界を遮る場所に60階建てのビルが建ったから。

「キミはドバイにきて1年も経たないのに一体何度目の里帰りなんだ。そして里帰るたびに1ヶ月前後の滞在になるのはなぜだ」と、ご近所さんから糾弾されています。
「早く帰って来ないとアンタの存在忘れるよ」とストレートに脅されたりもします。

なにしろドバイにいてもやることがなくてヒマだし、そもそも私がドバイに住んでる最大にして唯一の理由である夫君すら留守という有様なので、「家に帰ろう」というモチベーションが高まらないのです。
とはいえ家族からも「そろそろ帰りなさい」と言われ続けてました。
モチベーションは地に落ちた状態のままですが、うだうだ帰ってきた次第です。

関西空港で蓬萊551の豚まんとシュウマイ(チルド)買って、到着したドバイ空港ではワインを6本買い、タクシーで帰宅。
誰もいない部屋のドアを開けたら、半死半生の観葉植物が恨めしげに並んでいました。
罪悪感。

キッチンに並ぶ「おかえりなさいギフト」。
b0142203_17321714.jpg

仕事先各国からのお土産(アメリカからチョコレート2種、コーヒー豆1キロ、iPodケース、中国から月餅、カナダからかわいい缶に入ったアーモンドトフィー、冷蔵庫にはドイツからサラミとヨーグルト)と、ラッピングされたバレンタインデーのプレゼントとカード。

箱の中身は、シャンパングラス4客セットでした。
b0142203_17324098.jpg
オレフォスのインターメッツォ!!!これはすごーく嬉しい。
手作りのクリスタルグラスだから、ステムのカラーの大きさがひとつひとつ違い、それがまた良いかんじ。
夫君にしては珍しく、リクエストしてないのに、当たってました。

私は、バレンタインデーは、自分が食べたかったOggiのガトーショコラを買いました。
ちなみに日本からのお土産は、本人からリクエストがあったユニクロのアンダーシャツと、『月刊エアライン』(1200円もするヒコーキオタク雑誌/日本語読めないくせに夫君の愛読書)だけですが、それが何か?(悪妻倶楽部:中東支部長のポジションは固いと思われます)

グラス使うの楽しみ〜。
夫君は今夜LAから帰ってくるから、買い置きしてあるシャンパンを冷やします。
ロゼのがいいかな〜。
しばらく、しゅわしゅわを飲む回数が増えそうです。

☆追記☆
b0142203_19542745.jpg
早速、しゅわしゅわ飲みました!ただグラスを使いたかったから。
わざわざ買い物に行って、パルマのプロシュート、黒胡椒のブリーとフルーツも用意。
b0142203_19545654.jpg
昨年10月に従妹夫妻が新婚旅行でドバイに来た時にプレゼントするつもりで買ったけどお蔵入りになっていたパイパーのロゼ。ラベルがピンクでかわいいです。
夫君は昨夜、ヴーヴ・クリコとモエシャン各2本買って、LAから帰ってきました。
でかした。
週イチしゅわしゅわ可能だわ。
[PR]
by yhell | 2009-02-19 18:49 | ご挨拶程度
キャロットケーキ焼きました。
b0142203_18274440.jpg
夫君の好物なのです。
あまり日本では馴染みがないもので、カフェでたまに見かけるキャロットケーキは、ニンジンのつぶつぶ入シナモン風味のパウンドケーキってかんじですが、本場アメリカでは、キャロットケーキというと、バナナブレッド以上にしっとり&ヘビーな生地にこってりクリームチーズフロスティング。

これ、直径26センチの型に、ニンジン(中サイズ)12本入ってます。
重さ約4キロ。

夫君が特に超しっとりのケーキを好むから、ニンジン多め。
混ぜて焼くだけの単純なケーキですが、おかげで下準備に2時間かかりました。
フードプロセッサーがあれば作業はラクなはずだけど、うちにはFPどころか、ピーラーさえない。

12本のニンジンの皮を包丁の背で落として、貝印のおろし器でせっせとニンジンをすりおろします。
本当はクルミを入れるのだけど、買い忘れたので、家にあったピスタチオの殻をひたすら割り、袋に入れて砕く。

以前、麻婆豆腐を作るのに、肉を挽いて、豆腐を(ハウス「ほんとうふ」を使って)作った、という【下準備にかかった時間の自己記録】にかろうじて及ばずながら、ほとほと面倒くさかったです。

ピーラーくらい買おう、と反省した矢先、夫君がヒューストンから持ち帰った物。
b0142203_19274073.jpg
鳥形ピーラー。
くちばしの先端でジャガイモの芽をくりぬくことができます。実に鋭利。危険。
ヒューストン在住の友人夫妻からのギフトでした。
かわいい。嬉しい。
ただ、縦のピーラーって使いにくいから、ウチにあったやつ捨てたんだよな・・。
この子は観賞用にして、普通のピーラー買います。


話は変わりますが、新車を運転するのは緊張します。
ドバイはSUVなどの大型車が非常に多く、駐車場ではラインギリギリにとめてある場合がほとんどなので、できれば大型車の隣に駐車するのは避けたいところ。
先日、あまり混み合わない時間帯を狙って、スーパーへ出掛けました。
しかし、空いているのは、プラドや、ハマー、カイエンなどの隣。
無駄な緊張は省きたいので、回避。
やっと、セダンの隣に空きを発見し、ギアをバックに入れた時点で、この空きスポットの両脇をベントレーとマセラティが固めていることに気付きました。
 ぶつけなければ問題ない。
 いつもどおり普通に駐車すればいいだけの話。
 最悪の場合、保険あるし。
まさに「無駄な緊張」で3秒くらいフリーズ。
マセラティなんか乗って気軽にスーパー来るのはやめていただきたい。
後方からの激しいクラクションに苛まれ、結局、そのスポットは、パス。
ええ、小心者です。
でも私の後に続く4〜5台の車、誰もそのスポット取りませんでした。
やっぱり避けるのが正しい選択だよね・・。
その後、ランドクルーザーとジャガーの間に空きを見つけ、無事に駐車できました。
ベントレーの厳めしさと比較したら、ジャガーがものすごく柔和に見えた。
自分の車を傷付けないようSUVを避けてたのに、最終的には視点が変わりました。
[PR]
by yhell | 2009-01-07 19:34 | ご挨拶程度

帰宅そして接待

ドバイに帰って参りました。

本日の日中気温は28度でした。
空気が乾いてサラリとしているので、涼しく感じます。

帰宅したのは昨日の朝ですが、帰宅早々、アパートのエントランスでご近所さんにバッタリ会い、その流れで、早速、ディナーの約束。
女3人で、ラムシープラザ近くの『Lemongrass』にタイ料理を食べに行きました。
よく行く店です。
すごく高いわけでなく、しかし、すごく安いわけでもない店。
何を頼んでもハズレがなく大変おいしいので安心して食べられる分、特に「これ!」という飛び抜けたお気に入りがあるわけでもない。
要するに便利で無難な店。

ディナーに出掛ける前に、たっぷり昼寝し、荷物を半分だけ整理したおかげで、今日の体調は万全、普通に起きて、丸一日しっかり動けました。

午前中に残りの荷物と洗濯物を片付け、溜まっていたメールを返して、軽く掃除。

今日もランチの約束をしていて、お隣さんと、これまたよく行く近所のカフェ『MORE』で待ち合わせ。
お隣さんは仕事のランチタイムに、わざわざ抜けてきてくれました。
ここはメニューが多いから、毎回、違うものを頼むのが楽しい。
野菜が新鮮なのでサラダもいいし、がっつり気分ならミートローフなんかも美味しい。
オマーン探検の話をするつもりが、近況アップデートしてるうちに時間切れ。
昨日のディナーも今日のランチも、これでもか!ってほど、喋り倒しました。
喉が痛くなりそう。

ところで、私が「どうしても18日までに帰らなきゃならない」理由は、先日結婚した従妹が、新婚旅行でタンザニアに行った帰りに、ウチに立ち寄るからです。
23時50分到着予定ですから、あと30分くらいしたら、空港に迎えに行きます。

部屋はさすがに(あの夫君が「掃除しておいた」と言っただけあり)キレイ。
「ドイツでヨーグルトとサラミとチーズ買ってきたから、朝食にしていいよ」と夫君が言い残してあったのを、「そうね」と、そのまま受けて、特に何も用意しないまま、ランチを終えて帰ってきたんですが、ふと、「丸一週間もアフリカ旅行した後なんだから、朝は和食がいいんじゃないか?」と思いついたら最後、「和朝食を作りたい」気分に。

15時頃、買い出しに出掛け、いろいろ買い込んで、夕方から仕込み。
材料の都合上、出来るものは限られているけど、和食って、いろいろ細かいものを作りたくなるのです。
〔明日の朝食メニュー〕
  塩鮭
  だし巻き卵
  にんじんのきんぴら
  オクラの梅カツオ和え
  たまねぎとシラスの酢の物
  キュウリと昆布の一夜漬け
  トマトのゴマドレッシング
  わかめと豆腐の味噌汁(赤出し!)
日本食スーパーまで出向かなかったから、海苔や納豆は入手できず。
果物好きな従妹のために、ベリー類を洗って、メロンをカットし、グレープフルーツをむいて、マンゴーをスライス。バナナも買いました。
もちろん、これら全部は、食べられるわけないんだけど、私はヒトのために食事を用意するのが好きだから、こういうのは自己満足です。
自分ひとりなら、わざわざ朝食のために前日から仕込むってことは絶対にないけど、こういう機会があれば、必然的に自分もいろいろ食べられるしね。

もっとも、和食でなければ、ドイツパン数種と、NYで買ってきたベーグルが冷凍してあるし、パンケーキも焼けるし、コールドカットとチーズ数種、ベーコン、ソーセージ、卵、オートミールもヨーグルトもシリアルも、何でもある。
どうやら、ウチは朝食材料だけには、事欠かないようです。
普段、朝食の担当は夫君ですからね。
ちなみに、私ひとりの日は、コーヒーとバナナ、あるいは、コーヒーとリンゴです。

b0142203_116060.jpg

いつもリビングには白いバラを選ぶのだけど、今日は濃いめピンクを選択。
なんとなく。
そしてパイパーのロゼを買っておきました。
本当は、彼女らが明日宿泊する予定のホテルの部屋にこっそりセットしてもらおうと思って買ったんだけど、コンシェルジュに問い合わせると、「新婚旅行と伺っていますので、ホテルからシャンパンとイチゴのサービスがあります。ご心配なく」とのこと。
そういえば、私が予約を入れた時に「新婚旅行ですから!くれぐれも眺めの良い部屋で出来る限りのサービスをしてね!」って念を押したのでした。
というわけで、行き先を失ったパイパーロゼ君。
荷物に余裕があれば持って帰ってもらってもいいけど、重いよね。
きっとロゼ君の新しい受け入れ先は、私の喉の奥になることでしょう。

そろそろ迎えに行ってきます。
[PR]
by yhell | 2008-11-19 04:06 | ご挨拶程度