2008年6月、ドバイに引っ越してきました。しばらくは夢の専業主婦生活です。


by yhell
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 1 )

ベネチアといえばベネチアングラスが有名。
本島のすぐ近くにあるムラノ(MURANO)という島に工房が集まっています。
そして、紛らわしいのですが、そこからさらに離れたところに、ブラノ(BURANO)という小さな島もあります。
今回、「絶対いきたい!」と思っていたのが、このブラノ島。
3泊4日のうち、1日は島巡りに決定。

リドを10時半に出て、小型フェリーで、ブラノまで約1時間。

こんな景色が見えてきます。
b0142203_2431438.jpg
ブラノは、もともと漁師の住む島で、霧の中でも自分の家が見つけられるように、カラフルに色を塗ったのが始まりだそうです。

水上バスを降りてすぐ目に入った店。
b0142203_3341761.jpg
看板がかわいい。

歩いて簡単に一周できるくらいの小さな島ですが、数歩進んでは立ち止まって写真を撮るので、なかなか先へ進めません。
b0142203_31838.jpg
非現実的なかわいさ。

載せたい写真は山程ありますが、ぐっとこらえて、厳選。
b0142203_394659.jpg
b0142203_310533.jpg
b0142203_3113228.jpg
b0142203_312104.jpg
b0142203_3133516.jpg
b0142203_315875.jpg
街の中心にあるらしい時計台、「あれ?傾いてる?」と思うでしょう?
斜塔はピサだけじゃなかったんですね。
実際には、この写真で見る以上に、ガッツリ傾いています。
夫君いわく、傾斜を正確に写すには非球面レンズが必要であり、私のコンパクトカメラ(球面レンズ)では両端に歪みが出るから、この程度にしか写らないのだとか。
なるほどね。
この後、非球面レンズについて30分以上レクチャーされましたが、完全に聞き流した。

島の端まで歩くと、漁港も見られます。
b0142203_3393627.jpg
でも今はおそらく観光がこの島の主要収入源なんだろうなあ・・・と思うくらい、島中に、わんさか観光客が。
家の壁の色も、わりと頻繁に塗り直してるんだと思います。
b0142203_3374260.jpg
日陰で漁網の手入れをするおっちゃん。
地元の人の生活を垣間見るのは、旅の楽しみのひとつ。
b0142203_3454518.jpg
郵便配達のおじさん。
家の前に椅子を出してひなたぼっこ中のおばあちゃんがいると(けっこういる)、そのたびに立ち止まって、和やかに世間話をしているようでした。


家の外壁に合わせた色使いが印象的。
b0142203_352148.jpg
b0142203_3552242.jpg
b0142203_3561718.jpg
b0142203_3571185.jpg
b0142203_3575553.jpg
b0142203_3584894.jpg
b0142203_3593642.jpg



ブラノでは、漁業の他に有名なのが、手編みのレース。
b0142203_47649.jpg
『EMILIA』という店の中でレース編みの実演をしていました。
お店の人が「写真いいですよ〜」と言ってくれたので撮影。
ふたりとも、観光客にペースを乱される様子は断じて無く、愛想は1ミリも振りまかず、ただ、黙々と針を動かしていました。
実は人形なのかな?と疑うほどに。
うろつく観光客には慣れていらっしゃるのでしょう。もちろん。
余所者への媚びの要素はゼロ。さすが職人。

考えてみれば当たり前のことなんだろうけど、私はレースに対して「編んで作る物」という発想がありませんでした。
編むと言っても、普通の糸ですよ。ボタン付けたりする、ああいう木綿の糸。
けっこう長い時間、近くに立って、おばちゃんたちの手の動きに魅入っておりました。

ちなみに、店頭で安価で売られているのは中国産だそうです。
本物のブラノのレースは、5〜10倍の値段でした。

店先で無防備に爆睡中のデブ猫を発見。
b0142203_4221714.jpg
肉球ブニブニし放題でした。
ランチに3時間かけたあげく猫と遊んでいたら、するすると時間が過ぎてしまい、ムラノに到着したら、ほとんどのガラス工房は閉まってました。
店やギャラリーを見ていたら、夫君が金銭感覚を失いつつある兆候が見られたため、撤収。

乗り換えついでに本島で夕飯。
早めにリドに戻って、ビーチ近くのバーカロでプロセッコを飲みながら、「現実逃避っていいねえ」なんて話をしました。
[PR]
by yhell | 2009-05-30 04:37